下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う

これがかなり重要です!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトでは大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競合します。

その結果、買い取り価格が吊り上がる事が良くあるんです!

2018年2月15日にマイナーチェンジを発表した新型ヴェゼル。

これを機にヴェゼルを新車で購入しようと考えている方も多いのではないでしょうか??

そうなってくるとやはりどのグレードを購入するか考えますよね?

車を購入時の一番楽しい時間ではないでしょうか?

ヴェゼルにもガソリン車とハイブリッド車それぞれにグレードが用意されており、グレード毎の違いが存在ます!

今回はヴェゼルで購入される割合が多い、ハイブリッド車のグレードであるXとZの違いを画像で比較し、どの様な違いがあるか見ていきましょう!

ヴェゼルハイブリッドのグレードは?

まずはヴェゼルハイブリッドのグレードはについて調べてみましょう!

ヴェゼルハイブリッドには以下の4つのグレードが存在します!

・HYBRID・Honda SENSING
・HYBRID X・Honda SENSING
・HYBRID Z・Honda SENSING
・HYBRID RS・Honda SENSING

RSグレードはスポーティーな走行も楽しみたい人向けのグレードとなっており、一般的な乗用車として選ぶなら「HYBRID・Honda SENSING」、「HYBRID X・Honda SENSING」、「HYBRID Z・Honda SENSING」のいずれかのグレードを選択する事にになるかと思います。

ぞれぞれのグレードは「HYBRID・Honda SENSING=ベーシックなグレード」、「HYBRID X・Honda SENSING=中級グレード」、「HYBRID Z・Honda SENSING=上級グレード」と位置付けられ、エクステリアやインテリア、走行性能が異なっています。

では、ハイブリッド車の中でも人気の高い「HYBRID X・Honda SENSING」と「HYBRID Z・Honda SENSING」にはどの様な違いがあるのか比較して行きましょう!

「HYBRID X・Honda SENSING」と「HYBRID Z・Honda SENSING」の違いは?

「HYBRID X・Honda SENSING」と「HYBRID Z・Honda SENSING」の違いを見ていきましょう!

最大の違いは実装されている装備の種類と数です!

では、まず「HYBRID X・Honda SENSING」の装備を見ていきましょう!

「HYBRID X・Honda SENSING」の装備は

・Honda SENSING
・LEDヘッドライト
・フルオート・エアコンディション
・リアアクティブフォースペダル
・ハイブリッド専用デザインメーター
・ハロゲンフォグライト
・本革巻ステアリングホイール
・クロームメッキ・スピーカーリング
・エキパイフィニッシャー
・自動防眩ルームミラー
・16インチアルミホイール

となっています。

中級グレードの「HYBRID X・Honda SENSING」ですが、これだけでも十分充実した装備となっていますよね!

しかし、上級グレードである「HYBRID Z・Honda SENSING」にはさらに6個の装備が実装されており、

・LEDフォグライト
・専用インテリア
・雨滴検知式フロントワイパー
・ルーフレール(FF)
・パフォーマンスダンパー
・17インチアルミホイール(スポーツタイプ)

となっています。

ではそれぞれの装備による違いを画像を踏まえて見ていきましょう!

LEDフォグライト

フォグランプは、ヘッドライトよりも下の位置に設置されているライトの事で、前部霧灯(ぜんぶむとう)と呼ばれており、霧の時に効果を発揮するライトです。

http://www.honda.co.jp/afterservice/advice/light/index.html

フォグランプに「HYBRID X・Honda SENSING」ではハロゲンランプを、「HYBRID Z・Honda SENSING」ではLED電球が使用され、形状も異なっています!

https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/type/hybrid/より引用

上の画像が「HYBRID X・Honda SENSING」、下の画像が「HYBRID Z・Honda SENSING」となっています。

球形だったフォグランプが横長になり、スタイリッシュになりましたね。

好みもあると思いますが、「HYBRID Z・Honda SENSING」のフォグランプ、カッコイイと思います!

また、フォグランプをLED化するメリットとして、

・消費電力はハロゲンの約1/4~1/2以下
・バッテリーへの負担を低減します
・費用と手間の軽減が期待できる

といった利点が存在します。

「HYBRID Z・Honda SENSING」のフォグランプは機能面も改良されているようです。

コンビシート&専用インテリア

「HYBRID X・Honda SENSING」と「HYBRID Z・Honda SENSING」の最大の違いと言えば、コンビシートと専用インテリアではないでしょうか?

「HYBRID Z・Honda SENSING」は「HYBRID X・Honda SENSING」では選択できない本革使用のシートやジャズブラウンの内装色を選択する事が可能となっています!

本革シートは内装にさらなる高級感を与えてくれ、革好きの人にとってはたまらない仕様となっているのではないでしょうか?

https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/design/より引用

また、ジャズブラウンの内装色は車内の印象を全く別の物に変更してくれるほどインパクトのある仕様となっていますよね!

その違いが「HYBRID X・Honda SENSING」の内装と比較する事によって良く解ると思います!

https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/type/hybrid/より引用

「HYBRID Z・Honda SENSING」は唯一ジャズブラウンを選択出来るグレードなのでこの内装色を選ぼうと思っている人もいるのではないでしょうか?

「HYBRID Z・Honda SENSING」を購入した人たちの間では「ブラックとジャズブラウンどちらを選択する?」といった内容の話がされているのをよく聞きます!
⇒ヴェゼルハイブリッドzの内装はブラック、ジャズブラウンどっちが良い?

それ程まで、ジャズブラウンという内装色は「HYBRID Z・Honda SENSING」にとって最大の特徴となっている訳です!

「HYBRID X・Honda SENSING」と「HYBRID Z・Honda SENSING」の最大の違いは間違えなくジャズブラウンという内装色の選択が可能かどうかという点です!

雨滴検知式フロントワイパー

https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/type/hybrid/より引用

雨が降り始めた時に便利な雨滴検知式フロントワイパーが「HYBRID Z・Honda SENSING」には実装されています。

雨の降り始めって、「ワイパー使おうかな?どうしようかな??」って考える事があると思うんですが、そんな時に便利ですよね。

雨が止んだ後もワイパーの止め忘れも防止できそうです!

ルーフレール(FF)

https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/type/hybrid/より引用

ルーフレールとは、ステーションワゴンやSUVなどの屋根の両脇に設けられたレールの事で、室内には積み込めない長物や収まりきらない荷物を車の天井に固定するためのアタッチメントで、アウトドアレジャーを楽しむ人には欠かせないので、SUVには装着される割合は高いようです。

また、実用面だけでなく、ファッションとして、ルーフレールがある方が好きという理由から取り付ける方もいるようです。

「HYBRID Z・Honda SENSING」には機能面やデザインなどからルーフレールが標準装備されています。

パフォーマンスダンパー

https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/type/hybrid/より引用

走行中に発生する車体のたわみや微振動を軽減し穏やかに整える「パフォーマンスダンパー」。

使用する事で

・操縦応答性の向上
・コーナリング性能のアップ
・直進安定性の向上

のような効果が期待でき、走行性能をアップする目的で使用されています。

パフォーマンスダンパー自体がシンプルな外見をしているせいか、本当に効果あるの?と言われるようですが、パフォーマンスダンパーを装着する事により、実際に効果を体感する事が出来るようで、ハンドリングや走行性能以外にも、騒音や振動も低減に一役買っています!

この様に走行性能を格段にアップさせるパフォーマンスダンパーが「HYBRID Z・Honda SENSING」には実装されており、「HYBRID X・Honda SENSING」と比較すると乗り心地に差がついているようです。

パフォーマンスダンパーが「HYBRID Z・Honda SENSING」に標準装備されているのはかなり嬉しいポイントですよね!

17インチアルミホイール(スポーツタイプ)

「HYBRID X・Honda SENSING」と「HYBRID Z・Honda SENSING」ではアルミホイールの形状と大きさに違いがあります。

では、まずは形状の違いを見ていきましょう!

https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/type/hybrid/より引用

上が「HYBRID X・Honda SENSING」のホイール、下が「HYBRID Z・Honda SENSING」のホイールとなっています。

「HYBRID Z・Honda SENSING」の方がスポーツタイプのホイールとなっており外見はカッコいいですね!

また、ホイールのサイズも違い、「HYBRID X・Honda SENSING」は16インチ、「HYBRID Z・Honda SENSING」が17インチとなっています!

ホイールのサイズが上がると、

・乗り心地が悪くなる
・燃費が下がる
・走行音が大きくなる
・重量が重くなる

といったデメリットもありますが、

・運動性能が高くなる
・グリップ性能が高くなる
・コーナリング性能が高くなる

などのメリットもあげられます!

「HYBRID Z・Honda SENSING」は「HYBRID X・Honda SENSING」よりも走行性能を重視している車となっているようですね!

「HYBRID X・Honda SENSING」と「HYBRID Z・Honda SENSING」の違いをまとめると?

今回はHYBRID X・Honda SENSING」と「HYBRID Z・Honda SENSING」の違いについて調べてみました!

両グレードは装備が大きく異なり、

・LEDフォグライト
・専用インテリア
・雨滴検知式フロントワイパー
・ルーフレール(FF)
・パフォーマンスダンパー
・17インチアルミホイール(スポーツタイプ)

の違いがあります!

特に「HYBRID Z・Honda SENSING」ではジャズブラウンの専用インテリアが選択でき、車内の雰囲気をガラッと変更する事が出来ます!

「HYBRID X・Honda SENSING」と「HYBRID Z・Honda SENSING」の最大の違いはこの内装の違いといっても過言ではないでしょう!

他にも「HYBRID Z・Honda SENSING」には上級グレードならではの装備が実装されており、上級グレードの名に恥じない車になっています!

「HYBRID X・Honda SENSING」も充実した装備を揃えていますが、装備の種類や多さでは「HYBRID Z・Honda SENSING」には敵わなそうですね!

どちらを選択するかは人それぞれで違うと思いますが、個人的には多くの装備が実装されている「HYBRID Z・Honda SENSING」をおススメしたいと思います!

新型ヴェゼルの新車を50万円安く買う方法とは?

ヴェゼル、カッコいいですよね!

http://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/styling/design/より引用

独特なエクステリアに高級感が漂うインテックスは素晴らしいですよね!
SUV車の購入を考える人にとってヴェゼルは外すことが出来なのではないでしょうか?
僕も新型ヴェゼルが欲しくなり、グレードやオプションについてワクワクしながら考え、実車を見ていました!!

車を購入する時に一番楽しい時間ですよね!
しかし、ここで一気に現実に引き戻される出来事が!!
欲しいグレード、そしてオプションを付けて見積もりを出してもらうと想像以上の値段に!!
車購入にはよくある事ですが、やはり残念な気持ちになります!

新車を諦めたくない…
グレードも下げたない…
オプションも付けたい…
とはいっても予算以上…
値下げ交渉も苦手だな…

などなど、悩みは尽きません…
家族からは「安く済ませる方がいいじゃない」とも言われ、相談も出来ません…
しかし、どうしても最上位グレードで最新のオプションも欲しい!
特に車は一度購入すると数年は買い替える事はないので妥協はしたくない!!
そこである方法を試すとヴェゼルを納得の金額で購入することが出来ました!
その裏ワザをアナタにご紹介します!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏技とは下取りには必ず一括査定サイトを使うという方法です。
これがかなり重要なんです!
ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。
当サイトでご紹介する一括査定サイトでは大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競合します。
その結果、買い取り価格が吊り上がる事が良くあるんです!
車の査定後回しは損・損・損!ですよ!